全国に誇れる山形県の「美しい」「楽しい」「嬉しい」「驚き」を募集・発信

2020年3月26日(木)
山形県

 山形県では、県内外の方々に山形の魅力を発見していただくとともに、魅力的な写真や動画コンテンツを充実させるため、山形の真髄に迫る写真や動画を募集・発信する「『真 山形』写真・動画コンテスト」を、令和元年度に開催しました。
 このたび、入賞作品が決定しましたのでお知らせします。

1.コンテストの概要
 ・コンテスト名称:『真 山形』写真・動画コンテスト
 ・募集期間:令和元年8月1日~令和2年1月20日
 ・募集部門:写真、動画、インスタグラムの3部門
 ・募集テーマ:春、夏、秋、冬、深(精神文化)、豊(食・温泉)、観(祭り・伝統芸能)、
        磨(ものづくり)、縁(暮らし)の9テーマ
 ・審査方法:写真及び動画は有識者による審査会、インスタグラムは閲覧者の「いいね!」による投票

 
2.応募状況
 応募総数:11,054作品
  ≪内訳≫
  ・写真部門:365作品
  ・動画部門:14作品
  ・インスタグラム部門:10,675作品※
   ※指定ハッシュタグ「#真山形フォトコン」を付けてインスタグラムに投稿された作品

3.グランプリ作品等の概要

【写真部門グランプリ作品】
「水鏡」堀川 邦宏さん(宮城県名取市)
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003258433-O1-04o614vv

水が張られた田植前の水田を水鏡にし、ローカル線(フラワー長井線)の車両と残雪を抱く山々(飯豊連峰)を画面奥に、そして画面全体の3分の2が青空という大胆な構図で春の澄んだ空気感を表現した空間処理が素晴らしく、構図的にも優れていると評価されました。

 
【動画部門グランプリ作品】
「居合道・Real Samurai」安 竜二郎さん(神奈川県茅ケ崎市)

【動画:https://www.youtube.com/watch?v=5qrV7jHNwh0

張り詰めた空気感を巧みに表現し、まとめている点や、山形のコンテンツとして今後有望な「居合道」に着眼した点が評価されました。

 
【インスタグラム部門年間賞】
「雪降る宿(銀山温泉)」@wasabi_gumaさん(獲得いいね!数:1,371いいね!)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003258433-O2-e55Wx7fk
 
本県有数の観光地である「銀山温泉」の冬を、降り注ぐ雪とガス灯のほのかな灯りのコントラストとで静かに美しく表現した作品として、多くの「いいね」を集めました。

※コンテストの結果の詳細については、以下のホームページを参照ください。
https://shinyamagata-contest.com/prize/index.html

 
4.事業のメリット
 コンテストを通して、県内外から応募くださった方々に山形の魅力に気付いていただきながら、その発信(応援)者になっていただくことが期待されます。
 また、県として魅力的な写真や動画コンテンツを収集することができ、今後の県の魅力発信に活用することができると考えています。

 
5.今後の展開
 来年度は、今回応募が多く好評を得た「インスタグラム部門」に特化して、4月から同様のコンテストを開催する予定です。
 なお、コンテストを通して収集した写真等については、現在再構築中の県公式ホームページ(令和2年11月公開予定)や県公式SNS等で活用していく予定です。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「グランプリは「水鏡」 ~ 『真 山形』写真・動画コンテスト入賞作品を決定しました~