信金中央金庫(理事長:柴田弘之、以下「信金中金」という。)および信金キャピタル株式会社(代表取締役社長:山口和男、以下「信金キャピタル」という。)は、資本・業務提携先で国内最大級のM&Aプラットフォーム「TRANBI」を運営する株式会社トランビ(代表取締役:高橋聡)と共に構築を進めてきた信用金庫業界専用M&Aプラットフォーム「しんきんトランビプラス」について、4月1日より運用を開始することといたしました。

本プラットフォームでは、売り手および買い手とも信用金庫取引先とすることで、安心感や信頼感が増し、成約の可能性を高めるほか、お取引先の負担を軽減するため、情報の登録からマッチング先の発掘までを信用金庫が行う仕組みとしています。

また、更なる事業承継・M&A支援強化策として、信金キャピタルにて「シンプルM&A」※の取扱いを開始するほか、信金中金グループと独立行政法人中小企業基盤整備機構(理事長:豊永厚志)および株式会社ミロク情報サービスグループ(代表取締役社長:是枝周樹)との連携により、信用金庫およびお取引先が交渉の助言や専門家の紹介等を受けられる専門機関ネットワークを構築いたしました。

信金中金グループとしましては、引き続き、信用金庫によるお取引先の事業承継・M&Aへの取組みを支援するソリューションの拡充に努めます。
これにより、中小企業の持続可能性を高め、地域社会の持続的な繁栄に貢献してまいります。

※「シンプルM&A」:お取引先が株式譲渡契約書作成および財務監査等のマッチング後の手続きを廉価に利用できるサービス

 

〔全体スキーム図〕
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202003258413-O3-bt84zk86

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「「しんきんトランビプラス」の運用開始および事業承継・M&A支援強化策の実施について