令和2年3月17日

川崎市臨海部国際戦略本部

川崎臨海部のニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.24を発行
ー世界が認める川崎臨海部発の研究開発技術 ~それを育む礎とは?~ー

「川崎の南端は世界の最先端です」をキーワードに、川崎臨海部における本市の取組、臨海部立地企業、まちの魅力等、多角度からの情報を発信することを目的としたニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.24を、3月17日(火)に発行します。
今号は世界が認める川崎臨海部発の研究開発技術として、2019年ノーベル化学賞を受賞した「リチウムイオン電池」について、またそれを生み出した旭化成株式会社 名誉フェロー 吉野彰氏の研究開発の様子についてについて、日夜一緒に研究に励まれたお二人にお話を伺いました。
バックナンバーと合わせて、ぜひご覧ください。

【Vol.24発行日】

令和2年3月17日(火)

【発行回数】

年3回

【配付対象】

マスメディア、インターネットメディア及び区役所等での配付

※市民の皆様に対しては、各区役所、市民館、図書館等に配架することで周知いたします。

【ホームページへの掲載】

ニュースレターは川崎市ホームぺージでも閲覧できます。

http://www.city.kawasaki.jp/shisei/category/57-1-13-2-0-0-0-0-0-0.html

【ニュースレターVol.24 記事構成(全4ページ)】

「世界が認める川崎臨海部発の研究開発技術ーそれを育む礎とは?」

〇研究意欲を鼓舞する川崎臨海部で開発された「リチウムイオン電池」

〇<Topics>公益財団法人実験動物中央研究所が「第3回日本医療研究開発大賞健康・医療戦略担当大臣賞」受賞




情報提供元:PRワイヤー
記事名:「川崎臨海部のニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.24を発行