自由開閉できる新移動屋根

 常石鉄工株式会社(本社:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:岡本章)は11月21日、大型陸上構造物の受注拡大を目指し、本社工場内に移動屋根を新設しました。

 常石鉄工は2016年3月に150t吊ジブクレーンを導入し、その吊荷能力と岸壁に隣接している強みを生かし、陸上輸送で対応できない水門など大型陸上構造物の受注に注力してきましたが、雨天時に作業が滞ることが課題でした。

 移動屋根を新設することで天候に関わらず作業が可能になるほか、建屋ごとに天井クレーン2基を設置したことで建屋内にある重量物の移動の利便性が増し、作業効率が向上したことで短工期を実現。お客様の納期への対応力が向上しました。製作から海上輸送の積み込みまで一貫して対応できる強みをさらに発揮し、大型陸上構造物の受注拡大に注力していきます。

 常石鉄工では、お客様により優れた製品・サービスを提供するために今後も設備投資や作業環境の改善に取り組んでいきます。

■新移動屋根の概要
建屋寸法:W20m×L15m×H9m ×2
定盤寸法:W20m×L40m
走行レール長:60m
主要設備:2.8t、4.8t天井クレーン搭載 ×2

■常石鉄工株式会社について
船体ブロックや船尾骨材など各種艤装品を製作し、常石造船と海外の造船事業現地法人への供給や艤装工事を担っています。造船事業のほか、浮桟橋や橋梁などの陸上構造物も製造。2014年4月に稼働開始した若松スティール工場(福岡県北九州市若松区)では、電気炉など大型設備を活用した鋼塊、鋳鋼品製造事業を展開し、素材から加工まで一貫生産体制を整えています。

代表取締役社長: 岡本 章
事業内容 : 舶用製缶・機械加工・パイプ一品管製作および艤装工事、鋼塊・鋳鋼品製造
設立 : 1963年(昭和38年)1月
資本金 : 1億円
従 業 員 : 277人(2018年5月時点)
事業拠点 : 
本社事業所(広島県福山市)
草深事業部(広島県福山市)
若松スティール工場(福岡県北九州市若松区)
関連会社 : 
TSUNETETSU (CEBU), Inc.(フィリピン、セブ島)
常石(舟山)鉄工有限公司(中国浙江省)
TSUNEISHI PARAGUAY IRON WORKS S.R.L(パラグアイ、セントラル州)

― 本件に関する問い合わせ先 ―
常石鉄工株式会社
管理本部 経営企画部 
TEL : 084‐987‐1321


【付帯情報】
・自由開閉できる新移動屋根
http://itm.news2u.net/items/output/163579/1
・建屋に天井クレーンを搭載
http://itm.news2u.net/items/output/163579/2

関連URL:https://www.tsuneishi-iw.jp/

News2uリリース詳細へ
News2u.net