大学別ブースでの個別相談の様子

英数学館高等学校(広島県福山市、校長:永留 聡)では、平成30年(2018年)6月9日(土)に、国内10大学を招き、本校生徒及び保護者を対象に「大学進学説明会 in 英数学館」を開催しました。
本校生徒にとって、希望する分野の入試制度、大学での学びについて理解を深め、進路に対する目的意識を高められた有意義なイベントとなりました。

【参加した10大学】
北海道大学、筑波大学、岡山大学、九州大学、鹿児島大学、国際教養大学、国際基督教大学、上智大学、法政大学、関西学院大学(順不同)


当日は、校内3会場に分かれて大学別ブースでの個別相談や各大学による大学説明が実施されました。
体育館で実施された「大学別ブース説明・個別相談」では、生徒達が入試制度などについて積極的に質問していました。
2会場に分かれて実施された大学説明では、各大学の立地や特色、求める学生像について説明がありました。生徒、保護者とも各大学の概要を真剣に聞いていました。また、IB入試については、大学入学後に学びたいことについて一貫性を持たせ、入試論文を作成できるようにとの指導もありました。


国際バカロレアのディプロマプログラム(DP)で学んでいる本校IBクラス生徒に対して、大学の先生方の関心は高く、期待の大きさを感じました。IBクラス以外の生徒に対しても「素直な生徒さんが多く、早くから先を見据えた進学を考えているという印象。非常に良い印象を受けました」というコメントをいただきました。
参加生徒からは、「具体的に大学の入試制度が聞けて、よく分かりました」「第1志望の大学説明を聞いて、モチベーションが上がりました」といった感想がありました。


本年度の英数学館高等学校進学指導センターが実施する直近のイベントとしては、高校1年生、2年生を対象とした大学見学会を実施する予定となっています。


【英数学館高等学校について】
https://www.eisu-ejs.ac.jp/high/
1982年の開校以来、グローバル社会で強く生き抜く力を持った人材育成を目指す当校では、「いくつになっても学び続ける力」、「前向きに物事に取り組み、最後まで諦めずにやり抜く力」そして「自らの価値観、考えを形成する力」に主眼を置いた教育を実践しています。
現在は、国際バカロレアのカリキュラムで学ぶ資格取得を目指す「IBクラス」、難関レベルの大学入試を主眼とする「アドバンストクラス」の2クラスを設置。それぞれの目標に見合ったカリキュラムによる効率の良い学習プログラムで、未来を拓く人材を育成輩出します。

【広島加計学園について】
https://www.eisu-ejs.ac.jp/
英数学館高等学校の設置母体である学校法人広島加計学園は、1979年に設置認可を受け、翌年4月に英数学館中学校、1994年には英数学館小学校を開校し、小中高12年一貫教育体制の構築を実現。知・徳・体の調和を図る教育によって、国際的な視野を持って地域や社会に貢献し得る人材育成を目標としています。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
学校法人広島加計学園 英数学館高等学校 担当:小西
〒721-8502 広島県福山市引野町980-1
TEL:084-941-4115(代) FAX:084-941-4143


【付帯情報】
・大学別ブースでの個別相談の様子
http://itm.news2u.net/items/output/160938/1
・各大学による大学説明の様子
http://itm.news2u.net/items/output/160938/2

関連URL:http://www.news2u.net/releases/160698

News2uリリース詳細へ
News2u.net