TOKYO, Feb 15, 2021 - (JCN Newswire) - 当社は、日本国内における当社のデータセンターから提供するクラウドサービス「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud(以下、「FJcloud」)」の運用に必要な全電力を2022年度までに100%再生可能エネルギーとし、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

近年、パリ協定やSDGsで定められた世界共通目標の達成に向けて、SBTi(注1)、RE100(注2)などの国際イニシアチブによる温室効果ガス(以下、GHG)の削減や再生可能エネルギーの利用促進が活発化し、企業による気候変動に対する取り組みへの期待や関連する情報開示の要請も高まっています。

当社グループは、2018年7月に日本初のゴールドメンバーとしてRE100へ加盟し、グローバルで策定した再生可能エネルギー調達原則の中で、グループ拠点における再生可能エネルギー由来の電力使用を2050年までに100%とすることを目標としています。データセンターにおいては、外気冷却やAIを活用した空調設備の制御による冷房効率の最適化など消費電力の削減に取り組み、継続的にPUE(注3)を改善するなど、持続可能な社会に向けた施策を推進しています。

これらの施策に加え、2022年度までに、日本国内にある当社のデータセンターにおいて、「FJcloud」の運用に必要な全電力を100%再生可能エネルギーとすることで、当社グループにおける再生可能エネルギーの使用目標の達成に向けた取り組みを加速させ、中長期環境ビジョンに掲げた、当社グループの脱炭素化と、お客様・社会の脱炭素化および気候変動適応へ貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/02/15.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、2022年度までに「FJcloud」を100%再生可能エネルギーで運用