TOKYO, Feb 10, 2021 - (JCN Newswire) - 日本電気株式会社(注1、以下 NEC)、株式会社日立製作所(注2、以下 日立製作所)、アクセンチュア株式会社(注3、以下 アクセンチュア)、一般社団法人データ社会推進協議会(注4、以下 DSA)は、内閣府が推進するスーパーシティ構想(注5)の実現に向けたデータ連携基盤に関する調査業務を受託しました。

本調査業務では、2020年11月から2021年3月まで、4者がデータ連携基盤の整備に向けて共通のAPI(注6)仕様やデータモデルの調査・検討、データ連携に必要な相互運用性(注7)の確保に向けた方策の検討などに取り組みます。

背景

近年、AI及びビックデータを活用し、社会の在り方を根本から変えるような都市設計の動きがグローバル市場で急速に進展しています。日本においても、内閣府が「Society 5.0」の実現に向けてスーパーシティ構想を掲げており、住民合意に基づく社会課題型のアプローチを起点とした、未来の生活を実現する「まるごと未来都市」を目指しています。

こうした中、中核的な役割を果たすのがデータ連携基盤です。データ連携基盤は、複数の先端的サービス間でデータを連携させる仕組みであり、複数領域にまたがって先端的技術の提供を目指すスーパーシティの根幹となります。また、スーパーシティのエリア内にとどまらず、異なるスーパーシティ同士の連携や、スーパーシティのエリア外でも汎用的に利用するための相互運用性が重要とされています。

調査業務の概要

本調査業務は、共通のAPIやデータモデルの策定などを通じたデータ連携に必要な相互運用性の確保に向けて、スーパーシティの各エリアでのデータ連携基盤を整備する際に必要となる仕様や規格などを調査、整理します。この結果は2021年春頃に選定予定であるスーパーシティエリアに構築される開発者ポータルサイトやデータ連携基盤に活用されることが期待されます。また、その成功モデルは全国に共有され、相互運用性や相乗効果をもたらすことが期待されています。具体的な調査項目は以下のとおりです。

本調査業務の調査項目
(ア) データ仲介(ブローカー)機能
(イ) APIの共通ルール
(ウ) データモデルの方針
(エ) 先端的サービスを支える先進技術とデータ連携基盤の接続検証
(オ) その他データ分散型のデータ連携基盤を運用する上で必要となる事項

各企業・機関の主な役割
- NEC:全体統括、データ仲介(ブローカー)機能の検討、その他データ分散型のデータ連携基盤を運用する上で必要となる事項の検討
- 日立製作所:APIカタログや開発者ポータルサイトの仕様の検討、先端的サービスとデータ連携基盤の接続検証
- アクセンチュア:APIの標準仕様や共通ルールの検討
- DSA:データモデルの方針の検討

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202102/20210210_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NEC・日立・アクセンチュア・DSA、スーパーシティのデータ連携基盤に関する調査業務を内閣府から受託