TOKYO, Mar 12, 2020 - (JCN Newswire) - コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山名 昌衛/以下、コニカミノルタ)と日本電気株式会社(代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野 隆/以下、NEC)は、この度、画像IoT/AI技術、働き方、ヘルスケア、ものづくり領域において5Gを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するため、パートナーとして協業していくことで合意しました。

国内では、2019年12月に、5Gの電波を携帯電話事業者以外にも免許を割り当てる「ローカル5G」が総務省により制度化されました。「ローカル5G」を活用することにより、企業や自治体は、セキュアで安定した超高速通信可能な専用ネットワークをニーズに応じて柔軟に構築することができ、様々な産業でDXが起きると期待されています。

両社は協業活動の第一弾として、2020年10月竣工予定のコニカミノルタ開発拠点「Innovation Garden OSAKA Center」(注1) 高槻新棟において、NECが5Gネットワーク機器(コア、基地局、端末など)を提供し、ローカル5G検証環境を整備します。この環境を使用し、コニカミノルタの持つ画像IoT/AI技術とオフィス機器や医療機器など様々なアセットの融合や、NECの5G、AI技術などとの融合により、産業光学システムや医療機器、オフィス機器の高付加価値化を実現し、Society5.0の実現およびSDGsの達成に貢献してまいります。

またローカル5G環境を整えた「Innovation Garden OSAKA Center」は、オープンラボとして共創パートナーと一緒に進める研究開発の場を提供し、業界や規模を問わず連携し、お客様の「みたい」に応えることで人間社会の進化のための新たな価値を提供していきます。

コニカミノルタは、これまでの事業で培ってきた強みと最先端のデジタル技術とを組み合わせ、高付加価値な製品・サービスを生み出し、医療機器、オフィス、産業印刷機器など幅広い製品ラインアップにより、長年にわたり日本の成長を支えてきました。そしてヨーロッパを中心とした海外市場でも強い顧客基盤を持っています。

NECは、通信事業者向けの基地局ビジネスで培ってきた無線技術、ノウハウを活かし、5G基地局を開発し、商用機の出荷を開始しました。また、ネットワークの強みを活かし、新たな領域におけるサービス事業として「NEC Smart Connectivity」(注2)を推進しており、様々なパートナーと連携して新たな価値を創造しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202003/20200312_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「コニカミノルタとNEC、ローカル5G活用によるDX推進パートナーとして連携強化