Toyota City, Japan, Mar 10, 2020 - (JCN Newswire) - 新型車ヤリスの受注台数は、2月10日の発売から1カ月にあたる3月9日時点で約37,000台となり、月販目標(7,800台)の約5倍と、好調な立ち上がりとなっています。

特に、新しいTNGAプラットフォーム(GA-B)の採用により実現した低重心でスタイリッシュなデザインや、最新の「安全・安心装備」などが、多くのお客様から好評いただいています。

1. 受注台数
受注台数:約37,000台
参考月販目標台数:7,800台

2. 主な好評点
- 今にも走り出しそうな、アクティブで躍動感のあるデザイン
- ハイブリッド車は力強くシームレスな走りとともに、クラス世界トップレベル*1となるWLTCモード36.0km/L*2の低燃費
- トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」*3や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」*4などの安全技術

3. 受注実績の主な特徴
- グレード別の受注実績は、Zグレード、Gグレードともに約30%
- ハイブリッド車の内訳は約45%
- 装着率の高いメーカーオプションは「バックガイドモニター」が約70%(HYBRID Z、HYBRID Gは標準装備)、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]が約50%(X“B package”、MT車除く)、「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートアラート[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]+インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」が約30%(X“B package”、MT車除く)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/31698261.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「トヨタ、新型車ヤリス 受注状況について