TOKYO, Mar 5, 2020 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通研究所(以下、富士通研究所)は、高精細・大容量な映像データをAIが認識できる必要最小限のサイズまで高圧縮する技術を開発しました。本技術により、映像データを従来の人間による視認を目的とした圧縮技術に比べて10分の1以上圧縮することが可能です。

近年、様々なビジネスの領域において映像データをAIで解析する需要が急激に増加しています。さらに、第5世代移動通信方式の普及に伴い、高性能カメラで撮影した高精細な映像データや街頭、製造ラインなどに設置された多数のカメラ映像などが爆発的に増加すると予測されています。

今回、映像データに映っているヒト・動物・モノなどを認識する際に、判断基準となる特徴において重視する画像の領域がAIと人間では異なることに着目し、AIが重視する領域の自動解析、およびAIが認識できる必要最小限のサイズまでデータを圧縮する技術を開発しました。これにより、AIの認識精度を低下させることなく、大量な映像データの解析が可能になるとともに、運用、伝送回線コストの大幅な削減を実現します。また、クラウド上に蓄積された複数の映像データや、映像以外のセンサーデータや売り上げなどの実績データなどを組み合わせた、さらに高度な映像データの解析なども期待されます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/03/5.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通研究所、AIが認識できる画質で映像データを高圧縮する技術を開発