Aichi, Japan, Dec 6, 2018 - (JCN Newswire) - 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いによる衝突事故の軽減に貢献する製品として、後付け装着可能な「ペダル踏み間違い加速抑制装置」をトヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田 章男)と共同で開発しました。今回開発した製品は、トヨタ純正用品として2018年12月5日に発売されました。

本製品は、超音波センサー、表示機、コントローラーで構成されており、ドライバーの操作に対して2つのサポートを行います。駐車・停車状態からの発進時に、バンパーに取り付けられた超音波センサーが障害物を検知すると、表示機とブザーでドライバーに注意喚起を行います。それでもドライバーがブレーキと間違えて強くアクセルを踏み込んだ場合には、加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献します。また、駐車場等で後退する際に、時速約5km以上でアクセルを踏み込んだ場合には、障害物を検知していない状況でも速度が出過ぎないように加速を抑制します。

表示機は、名古屋大学未来社会創造機構人間・加齢特性研究室との研究も活用し、とっさの時に高齢者でも見やすく分かりやすい表現となるよう配慮し、安全性を高めました。

デンソーは、従来から車両周辺の環境認識技術の開発に注力しており、2013年からインテリジェントクリアランスソナー用のECU(Electronic Control Unit)とセンサーを新車装着製品としてトヨタ自動車に納入するなど、新車への先進安全技術の普及に貢献してきました。一方で、高齢者を中心とするドライバーのペダルの踏み間違い事故が大きな問題となるなど、既販車への後付け安全装備の期待も高まっています。デンソーは2018年5月には、すべてのトラックやバスなどの大型商用車両に後付け装着可能なドライバーステータスモニターを発売しており、既販車への安全支援技術の普及に貢献しています。

デンソーは、交通事故のない安心安全な社会の実現を目指し、これまで技術・製品開発に取り組んできました。今まで培ってきた技術を活用し、これからも、世界中のすべての人にとって安心で安全なクルマ社会の実現に取り組んでいきます。

詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.denso.com/jp/ja/news/news-releases/2018/20181206-01/

概要:株式会社デンソー

詳細は www.denso.com/jp/ をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「デンソー、後付け「ペダル踏み間違い加速抑制装置」をトヨタ自動車と共同で開発、純正用品に採用