TOKYO, Dec 5, 2018 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、当社)は、英国100%子会社のDiamond Transmission Corporation Limited(ダイアモンド・トランスミッション・コーポレーション社、以下DTC)を通じて、英国で7件目となる海底送電資産運営事業の優先交渉権を獲得しましたので、お知らせ致します。

本資産は、英国東部沖合約30kmの洋上に位置するギャロッパー洋上風力発電所(発電容量35.3万キロワット)とサイズウェル変電所を結ぶ、海底・陸上送電線及び付随する洋上・陸上変電設備で構成され、金額規模は約500億円(329.1百万ポンド)です。

今後、英国当局並びにギャロッパー洋上風力発電所の開発事業者他との調整・交渉を経て、2019年度中に運営事業権を取得した後、20年間に亘り運営します。

同事業権の獲得に伴い、DTCは英国にある計19件の海底送電資産運営事業のうち7件に参画することになり、同事業のシェアトップを誇ります。また、英国の他、独国にも4件の海底送電資産を保有しており、英独合計で11件、総送電距離約1,000km、総送電容量約530万キロワットの事業を展開することになります。

DTCは、資産の保守管理業務等を担う技術・経理の専門チームを擁しており、海底送電資産運営における機能の強化と自立した事業経営の深化を図っております。

欧州では、欧州委員会が温室効果ガスの排出量を2050年までに1990年と比べ80%削減する目標を掲げております。その実現に向けて、2030年までに約5,000万キロワットの洋上風力発電を導入する計画が有り、洋上風力発電所と陸上の送電網を繋ぐ海底送電資産運営事業の安定した操業は益々重要になると考えられます。

当社は温室効果ガス排出抑制に繋がる事業を通じ、経済価値・社会価値・環境価値の三価値同時実現に資する取り組みを強化して参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2018/html/0000036281.html

概要:三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱商事、英国海底送電資産運営事業の優先交渉権獲得について