TOKYO, Dec 4, 2018 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、12月6日(木)~8日(土)まで東京ビッグサイト(東京都、有明・お台場地区)において開催される環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2018 SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」(主催:一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社)に出展します。

三菱自動車ブースでは、8月に大幅に改良したプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』を展示するほか、SDGs*に対応した当社の持続可能な社会の実現に向けた「環境と地球」、「ひとと社会」への取り組みの数々をご紹介します。また、当社の取り組みについて楽しみながら学べる小中学生向けのクイズラリーを開催します。

『アウトランダーPHEV』大幅改良のポイント
- プラグインハイブリッドEV(PHEV)システムの主要構成部品の約9割を改良し、より“EVらしい”走りを実現
- EV航続距離を65.0km(JC08モード)に伸長(65.0km←60.8~60.2km)
- 「S-AWC」の性能を向上させ2種類のドライビングモードを追加
- 車体剛性を高め、ショックアブソーバーとステアリングギヤを改良し、走行時の質感を向上

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5262.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自、「エコプロ2018 SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」に出展