TOKYO, Oct 10, 2018 - (JCN Newswire) - 日立コンシューマ・マーケティング株式会社(取締役社長:須藤 利昭/以下、日立CM)は、ペットボトルや冷凍食品の収納性にこだわった少人数世帯向け2ドアパーソナル冷蔵庫1機種を12月より発売します。

需要動向と開発の背景

単身世帯、高齢化世帯の増加など少人数世帯の増加傾向の社会背景により、冷蔵庫(170L以下)の需要は堅調に推移することが見込まれます。
少人数世帯の増加に伴い、一時保存に便利なペットボトル飲料や手軽に料理が出来る冷凍食品等の調理済食品が普及してきました。このような背景から、ペットボトル・調味料等を収納しやすいドアポケットや冷凍室を整理しやすい「こものバスケット」を採用した冷蔵庫を開発しました。

新製品の主な特長

1. 生活空間に調和するシンプルデザイン
外観は、直線的なシンプルフォルムで生活空間に調和するデザインです。本体色は周囲と馴染みやすく清潔感のある「アイボリーホワイト」、深みと高級感のある「プラチナシルバー」の2色展開です。

2. 収納性にこだわったドアポケット
ドアポケットの収納は3段のドアポケットで、上段ポケットにはジャムや小瓶等・中段ポケットには500mLペットボトル2本+350mL缶や調味料等・下段には2Lペットボトル3本の収納が可能です。

3. 冷凍室もスッキリ整理「こものバスケット」搭載
冷凍食品やアイス等で煩雑になりがちな冷凍室も整理しやすい様に「こものバスケット」を搭載しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/10/1010.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「日立コンシューマ・マーケティング、冷凍食品やペットボトルの収納性にこだわった少人数世帯向け2ドアパーソナル冷蔵庫を発売