TOKYO, Apr 3, 2018 - (JCN Newswire) - ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)」と「DTS:X(R)」※1に加え、多様なHDRフォーマットなど最新の4Kコンテンツパススルーに対応した7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ 『STR-DH790』を発売します。昨年発売した『STR-DN1080』に続く、全方位からの音に包まれる臨場感を実現する「ドルビーアトモス」、「DTS:X(R)」※1の対応機種を拡充します。

また、同様に最新の4K HDRに対応した 5.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH590』、レコードプレーヤーと接続可能なフォノ入力※2やBluetooth(R)接続に対応したステレオインテグレートアンプ『STR-DH190』、フロントスピーカーの上に置くだけで立体的な音響空間を実現するドルビーアトモスイネーブルドスピーカー『SS-CSE』も発売します。

『STR-DH790』は、ソニー独自の自動音場補正技術「アドバンストD.C.A.C. (Digital Cinema Auto Calibration)」や、フロントスピーカーだけでもサラウンドを再現するデジタル音場処理技術「S-Force PROフロントサラウンド」で、スピーカーの設置条件に合わせて臨場感のあるサラウンド環境を実現します。また、高剛性を実現した新シャーシを採用するなど、音質の向上を目指しました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201804/18-0403/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「ソニー、4K HDRにも対応し臨場感豊かな視聴環境を実現する『STR-DH790』などアンプ3機種発売