14日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比5.64ポイント(0.18%)安の3044.16ポイントと続落した。上海A株指数も下落し、5.91ポイント(0.19%)安の3188.26ポイントで取引を終えている。

米中貿易摩擦の激化を警戒。米メディアは昨夜、「米政権は中国からの輸入品に対する追加関税を15日にも発動する可能性がある」と報じている。中国が報復措置をとれば、貿易戦争の懸念が一段と強まる見通しだ。中国指標の下振れも逆風。取引時間中に公表された5月の中国経済統計では、小売売上高や鉱工業生産などが市場予想を下回っている。

業種別では、消費関連が安い。スーパーマーケット大手の永輝超市(601933/SH)が2.7%、家電メーカー中国大手の青島海爾(600690/SH)が1.5%ずつ値を下げた。港湾・海運株もさえない。営口港務(600317/SH)が1.9%安、中遠海運HD(601919/SH)が2.0%安で引けた。自動車株や不動産株、資源株、インフラ関連株、バイオ医薬関連株なども売られている。

深セン市場では、通信機器メーカーの中興通訊(ZTE:000063/SZ)が2日続けてストップ安に張り付いて取引を終えた。前日は約2カ月ぶりに取引を再開。巨額の罰金支払いや、制裁措置による業績への影響を懸念した売りが続いている。

半面、月次動向の好調を受けて保険株は買われた。証券株や銀行株の一角も上昇している。

外貨建てB株の相場も値下がり。上海B株指数が0.36ポイント(0.12%)安の307.61ポイント、深センB株指数が1.56ポイント(0.14%)安の1127.31ポイントで終了した。



【亜州IR】


<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「14日の中国本土市場概況:上海総合0.2%安で続落、取引再開ZTEは2日連続ストップ安