クシム<2345>は15日、子会社のクシムソフトのシステムエンジニアリングサービス(SES)事業における1月度のエンジニア稼働率を発表した。

エンジニア稼働率は92.31%であり、SES事業の単月黒字となる損益稼働率を達成した。1月度はSES業界でのプロジェクト切り替え時期と重なることもあり、例年大きく稼働率が落ち込むタイミングである。しかし、稼働率が目標水準(96%)から上下4%水準に留められたことは、グループシナジーの追求や顧客からの声に真摯に対応してきた結果と同社では推測している。

SES業界では、コロナ禍にてプロジェクトの凍結やその見送りが続いているが、同社では、引き続き目標稼働率96%の達成を目指し、新たな顧客の獲得や社内受託開発の収益性を高めていく意向。


<ST>

情報提供元:FISCO
記事名:「クシム---クシムソフトのSES事業における1月度エンジニア稼働率を発表