日本鋳鉄管<5612>は急伸。これまで「環境ビッグデータとAIを用いた水道管路劣化診断技術」の実証検証を、パートナーシップ契約を締結している米Fracta社とともに実施してきていたが、今回、朝来市上下水道課と水道管路劣化診断業務の委託契約を締結したと発表している。全国初の本格導入となるもよう。今回の契約締結を契機に導入先の広がりが期待されるなど、今後の展開力に対する期待感が高まる形に。 <YN>

情報提供元:FISCO
記事名:「日本鋳鉄管---急伸、AI用いた水道管路劣化診断業務の契約を獲得