<9691> 両毛システム 1912 -124
大幅に4日ぶり反落。21年3月期第3四半期累計(20年4-12月)の営業利益を前年同期比30.1%減の6.63億円と発表している。公共事業セグメントが増益となる一方、社会・産業事業セグメントが減益となったことが響いた。通期予想は前期比41.1%減の7.50億円で据え置いた。進捗率は88.4%と順調だが、前日に直近高値(2109円)まで値上がりしていることもあり、材料出尽くし感から売られているようだ。

<6172> メタップス 851 +108
大幅に3日ぶり反発。一部メディアが「政府は今春に給与のデジタル払いを解禁する」と報じ、買い材料視されている。報道によると、「企業は銀行口座を介さずに従業員のスマートフォンの決済アプリなどに振り込めるようになる」という。メタップスは決済サービスのほか、法人から個人への送金サービスなどを手掛けるグループ企業を有しており、給与のデジタル払い解禁で収益機会が生じるとの思惑から買いが集まっているようだ。

<7502> プラザクリエ 414 -2
朝高後、後場にマイナス転換。Zoom日本法人のZVC Japanと共同で企画したパーソナル・ミーティング・ボックス「One-Bo(ワンボ)」に販売を開始すると発表している。One-Boはオンラインでの会議やコミュニケーションに特化した個室空間で、Zoom利用に最適な空間をデザインしたモデルとなっており、周囲の環境に関わらずオンライン会議に集中できるという。また、Zoomとの共同企画モデルも同時に開発、販売を開始する。

<4442> バルテス 2263 +58
大幅反発。脆弱性を突いた攻撃からWebサイトを守るためのセキュリティ対策を行うクラウド型(SaaS型)Webアプリケーションファイアウォール(WAF)サービスに関する事業を開始すると発表している。一般的なセキュリティ対策システムと異なり、データの中身をアプリケーションレベルで解析できるのが特徴。金融系やECなど幅広いサイトでセキュリティ対策が実施可能という。投資費用は約0.70億円で、22年3月期に販売開始予定。

<3540> Ciメディカル 6530 +770
一時ストップ高。20年12月期業績予想の上方修正を発表、営業利益を従来予想の33.00億円から46.69億円(前期実績21.00億円)へと41.5%引き上げている。新型コロナウイルス感染対策商品の需要拡大で主力顧客の歯科医院を中心に売上高が好調に推移した。また、病院・一般診療所など新規口座を開設した顧客から引き続き注文が入ったことに加え、ロジスティクスセンターの稼働が高水準を維持していることも利益の押し上げに寄与したようだ。

<1905> テノックス 861 +17
大幅反発。日本コンクリート工業<5269>とESG経営や基礎工事分野での協力強化を進めるため、資本業務提携契約を締結したと発表している。テノックスは日本コンクリート工業株30万1800株(発行済株式数の0.52%)を、日本コンクリート工業はテノックス株11万株(同1.42%)を立会外取引で取得する。両社は脱炭素・産業廃棄物を活用した循環経済への参画のほか、双方のグループ経営の効率化と高度化に資する事業会社の相互活用を図っていくとしている。 <ST>

情報提供元:FISCO
記事名:「新興市場銘柄ダイジェスト:メタップスは大幅に3日ぶり反発、Ciメディカルが一時ストップ高