日立金<5486>は大幅反発。約53%を出資する親会社の日立製作所が、同社株の売却に向けて入札手続きに入ったと報じられている。ベインキャピタルやKKRなど複数の大手投資ファンドが応札を検討しているもよう。月内を期限に応札希望者を募って候補を絞り込み、その後に2次入札に進むようだ。これまでも日立製作所はグループ再編の動きを進めており、もともと次の再編候補と位置付けられていたが、あらためてプレミアム付与を期待の動きが優勢に。 <ST>

情報提供元:FISCO
記事名:「日立金---大幅反発、日立製が保有株売却に向け入札手続きと伝わる