<4571> ナノキャリア 372 +13
大幅に反発。一部メディアが「新型コロナウイルスに対し、『メッセンジャーRNA(mRNA)』技術と呼ぶ新手法を使ったワクチンが開発終盤で相次ぎ高い有効性を示している」と報じ、買い材料視されている。報道では、RNA医薬品を開発するナノキャリアの秋永士朗取締役が「あらゆる感染症に応用が可能だ。mRNAはワクチンのゲームチェンジャーとなる可能性がある」と述べており、mRNAに対する期待が同社株にも波及した格好だ。

<4667> アイサンテクノ 1547 +62
大幅に4日ぶり反発。長野県塩尻市や損害保険ジャパン、KDDI<9433>などと連携し、同市内の一般公道でバス型自動運転車両を用いた走行実証実験「塩尻型次世代モビリティサービス実証プロジェクト」を24-27日に実施すると発表している。当日の先着順で試乗可能。塩尻市の課題解決に加え、自動運転技術の向上に資するデータの取得や自動運転車両に対する社会受容性の向上を図ることが目的。

<7827> オービス 830 -40
大幅に5日続落。20年10月期の営業利益を従来予想の4.26億円から3.26億円(前期実績0.83億円)に下方修正している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で一定の営業制限を余儀なくされたほか、梱包用材などの受注が低迷したことが響く見通し。また、電話加入権の減損損失として0.20億円を計上するため、純利益予想も2.88億円から1.94億円(同3.93億円)に引き下げている。

<7320> 日本リビング保証 1784 +94
大幅に反発。スイッチゴールド(電子ゴールド)リリース記念株主優待制度を導入すると発表している。12月31日時点で200株以上を保有する株主を対象に、スイッチゴールド0.5g相当を進呈する。スイッチゴールドは金の保有量に応じて発行される電子ゴールドで、金の現物や電子マネーなどと交換できるサービス。優待制度への導入はスイッチゴールドの普及にも役立つとの見方から買われているようだ。

<4485> JTOWER 8610 +800
大幅に続伸。ベトナムで建物内の通信インフラシェアリング(IBS)事業を営む連結子会社のSPNが、同事業を手掛ける現地企業のTHIEN VIET COMPANY LMITEDが保有するIBS資産の買取契約を締結すると発表している。譲受対象は63物件で、譲受金額は総額で約2.4億円。資産引渡日は21年12月末の予定。成長が見込まれるベトナムのIBS対策需要を取り込み、全国的な事業基盤を強化する。

<4308> Jストリーム 4985 +295
大幅に3日ぶり反発。電子情報技術産業協会が主催するメディア総合イベント「Inter BEE 2020 ONLINE」(18日から開催)の企画別コンファレンス「INTER BEE FORUM(基調講演)」全14講演のライブ配信と終了後の一部講演のオンデマンド配信を担当すると発表している。動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」を使用する。今後のオンラインイベントでの受注を獲得する契機になるとの期待から買いが入っているようだ。 <ST>

情報提供元:FISCO
記事名:「新興市場銘柄ダイジェスト:Jストリームは大幅に3日ぶり反発、JTOWERが大幅に続伸