アマダ<6113>は急伸。前日に第2四半期決算を発表、営業利益は68億円で前年同期比53%の大幅減益になったが、市場予想は40-50億円程度上振れている。想定以上に販管費の削減が進んでいるようだ。会社側では通期計画を従来の60億円から120億円に上方修正、販管費の削減を織り込んだもよう。ほぼコンセンサス並みの水準だが、構造改革費用などは積み増されており、来期以降のコンセンサス切り上がりにつながる形へ。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「アマダ---急伸、販管費削減効果などで営業利益は想定比上振れ