シナネンホールディングス<8132>は9日、資産効率の向上と財務体質改善を企図し、固定資産の等価交換方式での譲渡を発表。

東京都品川区の土地を2筆の土地(以下、A土地・B土地)に分筆し、両土地につき不動産売買契約を締結する。譲渡先は当該地にオフィス棟とマンション棟を建築し、同社はオフィス棟を譲り受け、本社機能を移転する予定である。

A土地の引き渡しは2021年3月下旬を予定、B土地については引き渡し時期が流動的なため詳細未定となっている。なお、A土地の譲渡に伴い2021年3月期第4半期(2021年1月-3月)に特別利益として21億円を計上する見込みである。


<ST>

情報提供元:FISCO
記事名:「シナネンホールディングス---固定資産の譲渡を決定