Vコマース<2491>は急落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は44.3億円で前年同期比27.0%増益となった。1-3月期の22.9%増、4-6月期の29.0%増に対して、7-9月期も29.7%増と順調な拡大基調は続く形になっている。巣ごもり消費の拡大によるECソリューション事業がけん引役に。ただ、好業績銘柄としての位置づけが極めて高い状況にあり、ポジティブなサプライズは限定的となっている。出尽くし感が先行する流れに。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「Vコマース---急落、第3四半期も好業績基調継続だが出尽くし感先行へ