ホンダ<7267>は大幅反発。メリルリンチ日本証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価は3000円としている。株価は2月最終週以降で25%下落、PBRは0.45倍と歴史的低水準となっており、相応のリスクは織り込まれた水準と判断。二輪事業の利益寄与は今後も拡大傾向が見込まれるほか、強固なバランスシートからディフェンシブ性も高いと想定し、現在の市場環境では他社をアウトパフォームする可能性が高いとみているようだ。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「ホンダ---大幅反発、相応のリスクは織り込まれたとして米系証券では格上げ