ソフトバンクG<9984>は前日ストップ高の地合いを引き継ぎ急騰。最大4.5兆円の資産売却や資金化によって、自社株買い最大2兆円を実施、残額を負債の償還、社債の買い入れ、現預金残高に充当と前日に発表したことが引き続き買い材料視される。自社株買いは先に発表した5000億円と併せて2.5兆円になる。資産売却としてはアリババ株の売却計画などが報じられてもいるようだ。需給期待の高まりとともに、バランスシートリスクへの警戒も後退する流れに。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「ソフトバンクG---急騰、資産売却による大規模自社株買いを引き続き評価