ブイキューブ<3681>は19日、東日本旅客鉄道<9020>が2020年春5箇所に開業する駅ナカシェアオフィス事業「STATION WORK」に設置される「STATION BOOTH」の筐体として、「テレキューブ」が採用されたと発表。

「STATION BOOTH」は同社と東日本旅客鉄道が共同で開発しているサービス。新たに高輪ゲートウェイ駅内のスターバックスコーヒー店内、品川駅、有楽町駅、仙台駅の新幹線中央口改札内及び在来線中央口改札内に設置される。なお、スターバックス コーヒー店舗内及び新幹線改札内へは初の設置となる。

今後は首都圏エリアだけでなく、新幹線停車駅等へも箇所を拡大し、2020年度中に30箇所の展開を目指すとしている。


<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「ブイキューブ---東日本旅客鉄道が2020年春に開業する「STATION WORK」に「テレキューブ」を提供