タムラ製<6768>は伸び悩んで続落。前日に特別利益の計上、並びに、通期最終損益の上方修正を発表している。特許権侵害に基づく損害賠償請求訴訟において和解が成立し、和解金から訴訟費用などを差し引いた約16億円の特別利益を計上、今期最終利益は45億円から57億円に上方修正している。買い先行となったものの、本業ベースでの修正はなくインパクトは限定的、次第に電子部品関連株安の流れに押される形に。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「タムラ製---伸び悩み続落、最終損益上方修正も電子部品株安に押される