CRGHD<7041>

グループ会社のイノベーションネクストがAI(人工知能)、OCR(光学文字認識)、RPA(業務自動化)の技術を複合し、紙帳票のPC入力作業からその後の業務フローも自動化する「AI-OCR+RPA ソリューション事業」を開始したと発表したことが材料視されている。株価はダブルボトム形成後のリバウンドをみせているが、直近IPO銘柄で需給懸念もそれ程なく、短期資金を巻き込んでの一段の上昇が期待される。


スシローGHD<3563>

足元でリバウンド基調が強まっており、前日の急伸で直近戻り高値を突破。75日線が支持線として機能しているほか、25日線の切上がりにより、同線とのゴールデンクロスが意識されている。戻り高値突破により、9月高値(7000円)が意識されてくることになりそうだ。一目均衡表では雲上限を明確に上放れる格好。遅行スパンは上方シグナルを継続させている。


<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「CRGHD、スシローGHD◆今日のフィスコ注目銘柄◆