菱瓦斯化<4182>は急落で下落率トップ。持分法適用会社である日本・サウジアラビアメタノールが保有するAR-RAZI株式の50%を、150百万米ドルでサウジ基礎産業公社に売却すると発表。出資比率を25:75にするとともに、19年3月末までに合弁事業の継続に関し最終的な意思決定を行うもよう。今後の収益水準の低下がネガティブ視される形になっている。
みずほ証券では、株価は最大13%程度調整する可能性があると試算しているもよう。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「菱瓦斯化---急落で下落率トップ、合弁企業の出資比率見直しを発表