銘柄名<コード>4日終値⇒前日比

アルメディオ<7859> 207 +32
絶縁樹脂に塗布して導電性及び熱伝導パスを形成する
コンダクティブ・スラリーを開発。

シンバイオ<4582> 249 -10
オンコノバがリゴセルリブ経口剤の第2相臨床試験結果を発表で一時切り返すも。

レアジョブ<6096> 1300 +300
Skype不要のレッスン受講システム「レッスンルーム」を一部メディアで取り上げる。

サンバイオ<4592> 9780 +300
地合い軟化も逆行高で上場来高値更新。

ティーライフ<3172> 1128 +150
第1四半期大幅増益決算を好感。

トリケミカル研究所<4369> 6030 +840
いちよし証券ではレーティングを格上げ。

グレイステクノロジー<6541> 2491 +242
3日にはSBI証券が新規に買い推奨。

テクノプロHD<6028> 5800 +90
自社株買いによる需給改善期待が続く格好に。

鎌倉新書<6184> 1277 -19
買い戻し圧力も強まってリバウンドが継続。

メディカル・データ・ビジョン<3902> 1030 +8
1000円レベルでの底堅さも意識され。

丸一鋼管<5463> 3480 +75
みずほ証券では買い推奨に格上げしている。

千代田化工建設<6366> 319 +1
原油相場の反発など自律反発の手掛かりにも。

コニカミノルタ<4902> 1049 +8
直近ではSMBC日興証券や大和証券で評価引き上げも。

ディー・エル・イー<3686> 280 -43
通期最終損益は下方修正。

IDOM<7599> 518 -72
7月急落前の水準回復で短期的な達成感も。

昭和電工<4004> 4290 -415
3日強い動きだった黒鉛電極関連には戻り売り。


<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「前日に動いた銘柄 part1:アルメディオ、レアジョブ、ティーライフなど