ピジョン<7956>は大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は168.6億円で前年同期比12.9%増と2ケタ増益になっている。国内ベビー・ママ事業、中国事業、シンガポール事業などが好調だった。通期予想の上振れ確度などは一段と高まる状況になっているが、上半期も同17.3%増益など、足元の業績好調は十分に織り込まれており、いったん出尽くし感などが強まる流れになっている。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「ピジョン---大幅反落、第3四半期堅調決算発表も出尽くし感優勢