スルガ銀<8358>は大幅続伸。上半期最終損益が900億円程度の赤字になる見通しとの観測報道が伝わっている。審査書類の改ざんなど不正融資に伴い投資家とのトラブルに発展したシェアハウス向け融資で、貸倒引当金を大幅に積み増すもようだ。従来は120億円の黒字を見込んでいた。ただ、損失規模の不透明感がやや払しょくされたことで、6月末時点の自己資本が3200億円超あることからも、短期的な悪材料出尽くし感が先行する形になっている。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「スルガ銀---大幅続伸、上半期大幅赤字報道伝わるが悪材料出尽くし感に