銘柄名<コード>⇒7日終値⇒前日比

BEENOS<3328> 1522 -226
前期営業利益はほぼ横ばいにとどまる。

ノーリツ鋼機<7744> 2133 -315
業績上方修正も出尽くし感が優勢に。

THEグローバル社<3271> 659 -68
第1四半期経常赤字拡大へ。

アイスタイル<3660> 1013 -83
第1四半期の大幅減益決算改めて意識で上値重い。

ブラザー工業<6448> 1921 -201
通期事業利益は下方修正している。

宝HD<2531> 1402 -217
上半期増益決算発表も材料出尽くし感が優勢に。

三菱マテリアル<5711> 2970 -270
通期営業利益は下方修正へ。

東洋炭素<5310> 2910 -230
12月期業績予想は上方修正へ。

JCU<4975> 2115 -124
上半期決算発表後は出尽くし感が続く。

島津製作所<7701> 2704 -181
第2四半期は市場コンセンサスを下振れに。

タカラバイオ<4974> 2669 -146
通期の売上高計画は下方修正。

ダイキン工業<6367> 12465 -750
第2四半期増益決算も市場の期待値には届かず。

不二製油グループ<2607> 3105 -105
第2四半期決算は市場想定を下回る。

三菱UFJ<8306> 673.5 -3.9
米長期金利の上昇傾向などを手掛かりに。

マネックスグループ<8698> 510 +16
ビットコイン価格の堅調推移なども追い風。

日本電信電話<9432> 4496 +208
中期計画や自社株買いの発表などを評価。

三菱自動車工業<7211> 744 +19
一過性要因除けば大幅増益の好決算に。

トヨタ自動車<7203> 6639 +9
6日発表した順調決算や自社株買いを評価へ。

NTTドコモ<9437> 2495 -31
TOBでの自己株取得発表で需給妙味は後退も。

ショーエイコーポ<9385> 713 +100
増配や株主優待の拡充を好感。

パス<3840> 249 +46
上半期の営業黒字転換を材料視。

ファーマフーズ<2929> 669 +52
サンバイオの上昇がバイオ関連の一角に波及か。

エンカレッジ<3682> 1683 +293
19年3月期第2四半期の営業利益149.0%増、進捗率85.6%。

マクドナルド<2702> 4925 -60
10月の既存店売上高1.0%増も伸び鈍化。

レントラックス<6045> 1015 -99
19年3月期の営業利益予想を5.00億円に上方修正も材料出尽くし。

ワークマン<7564> 7070 -290
19年3月期第2四半期の営業利益21.3%増も進捗率49.8%。

ホロン<7748> 1631+300
19年3月期の営業利益予想を6.79億円に上方修正、年間配当は15円に増額。

アクセスグループ<7042> 3450 ±0
初値は公開価格の約2.6倍となる3500円。

リンクバル<6046> 957+150
19年9月期の営業利益予想は40.1%増。

オーケー食<2905>1236-83
今期赤字転落見通しを発表で。

岩塚菓<2221> 4330 -120
19年3月期の営業利益予想1.50億円に下方修正。

ファミリー<8298> 522 +80
今期末配当を1株当たり10円に引き上げ。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「前日に動いた銘柄 part2:ノーリツ鋼機、ショーエイコーポ、エンカレッジなど