銘柄名<コード>7日終値⇒前日比

DMG森精<6141> 1712 -68
今期売上高予想を引き上げも営業利益予想は据え置きで。

JXTG<5020> 735.6 -25.6
今期業績予想の上方修正受け一時急伸も。

日清食HD<2897> 7560 +470
19年3月期第2四半期の営業利益は前年同期比20.4%増。

芝浦<6590> 4055 +545
業績予想の上方修正と増配を発表。

エー・アンド・デイ<7745> 980 +150
上半期2ケタ経常増益には意外感も。

クレスコ<4674> 3835 +470
上半期は一転経常増益で着地へ。

カチタス<8919> 3205 +415
上半期上振れ着地や自社株買いを評価。

一六堂<3366> 512 +65
引き続きTOB価格サヤ寄せの動き。

トレックス・セミコンダクター<6616> 1566 +180
上半期営業利益予想を上方修正。

日本シイエムケイ<6958> 866 +108
7-9月期は2ケタ経常増益に転じており。

ウィルグループ<6089> 1118 +141
海外好調で上半期は上振れ着地に。

日本電子<6951> 2045 +187
上期営業利益計画を上方修正。

グローリー<6457> 3060 +311
上半期大幅増益決算や自社株買いで。

テーオーシー<8841> 887 +87
決算受けて野村證券では目標株価を引き上げ。

田淵電機<6624> 185 +21
連結子会社の譲渡を発表している。

市光工業<7244> 845 +37
7-9月期上振れで通期予想を上方修正。

ニチレイ<2871> 2766 +163
通期計画据え置きで安心感も強まる。

横河電機<6841> 2335 +164
主力の制御事業の順調な受注拡大など評価。

日本ユニシス<8056> 2652 +224
7-9月期は2割超の営業増益に。

ステラケミファ<4109> 3735 +275
6日に上半期の好決算を発表している。

テレビ朝日HD<9409> 2320 +196
上半期業績は市場予想を上振れて着地へ。

ディー・エヌ・エー<2432> 2062 +111
テンセントの大型タイトルの国内販売で提携。

日本カーボン<5302> 7050 +300
SECカーボンの好決算なども刺激。

群馬銀行<8334> 546 +18
順調な業績進捗に加えて自社株買いも発表。

りらいあコミュニケーションズ<4708> 1055 -180
業績下方修正や野村證券の投資判断格下げで。

シュッピン<3179> 1166 -200
上半期の営業減益決算をマイナス視。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「前日に動いた銘柄 part1:芝浦、エー・アンド・デイ、クレスコなど