オーハシテクニカ<7628>は6日、2019年3月期第2四半期(18年4月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比3.7%増の197.87億円、営業利益が同4.4%増の21.55億円、経常利益が同7.6%増の22.19億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同14.5%増の16.23億円となった。積極的な事業展開により業績の拡大に取り組み、売上高、各利益とも前期を上回る業績となった。

セグメント別では、米州を除く各セグメントで増収増益となった。

2019年3月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比2.6%増の400.00億円、営業利益が同0.7%増の42.50億円、経常利益が同1.0%増の43.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同11.9%減の27.00億円とする期初計画を据え置いている。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「オーハシテクニカ---2Q増収増益、積極的な事業展開により業績の拡大を推進