ブイキューブ<3681>は7日、同社が提供するテレキューブが、JR東日本<9020>が開始するシェアオフィスサービスの実証実験において採用されたことを発表。

JR東日本では、利便性の高い駅ナカなどにおける新サービスとして、シェアオフィスサービス「STATION WORK」の事業展開を検討している。今回、事業展開に向けた実証実験において設置されるパーソナルスペース「STATION BOOTH」として、テレキューブが採用された。

テレキューブは、テレワークを行う際にセキュリティの高い空間を提供する目的で、ブイキューブが注力している。新モデルでは静音性も強化されているうえ、入退室の管理ができる予約システムなども搭載しており、駅構内での利用に求められる機能を備えたものとなっている。

今回の実証実験では、移動と移動の隙間時間を有効に活用することで、働き方の変化や、活用された利用シーンなど、様々な観点からユーザーのニーズを分析する。同社は、実証実験を通じて、今後もJR東日本と協力しながら、働き方改革に求められるソリューションの開発に取り組んでいくとしている。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「ブイキューブ---テレキューブがJR東日本のシェアオフィスサービス実証実験に採用