農業総合研究所<3541>は5日、同社の大田センター近くに「東京加工センター」を開設した。

同社は、生産者が行う加工作業を受託しており、今後も中・大規模生産者の出荷が増加することで流通総額のさらなる増加が見込めるものの、既存集荷場での加工作業の受託は、作業スペースと人的な制限があり限定的だった。

大田センターと加工センターを一体運営し、加工作業の受託を増やすことで、中・大規模生産者からの集荷拡大をさらに進める。物量の増加と安定化、調達の効率化を図ることで、取引先の拡大が期待される。また、外部委託している加工業務を内製化することにより、コスト削減と増大する物量に耐えうる体制構築、流通総額の拡大につなげていくとしている。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「農業総合研究所---東京加工センター開設、流通総額拡大の加速を狙う