丸紅<8002>は急落。先週末に第2四半期決算を発表、7-9月期純利益は651億円、コンセンサスは大幅に上振れたものの、一過性利益が約100億円計上されており、実態は想定線のもよう。一方、インドネシア裁判の行方などが不透明なこともあり、通期計画の上方修正が見送られたことはネガティブに捉えられているようだ。また、食料セグメントの収益伸び悩みなども懸念視されているもよう。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「丸紅---急落、通期業績上方修正見送りに失望感も優勢