ダイキアクシス<4245>は10日、同社及び連結子会社が保有する投資有価証券の一部を売却したことにより、投資有価証券売却益が発生したことを発表した。

同社は、コーポレートガバナンス・コードに基づく政策保有株式の保有方針の見直しを行い、9月7日から10月1日まで、投資有価証券売却を行った。

売却の内容は、資産(保有上場有価証券8銘柄)と、投資有価証券売却益(4.78億)。

上記の投資有価証券売却益は、2018年12月期第3四半期(2018年11月中旬)及び期末決算(12月31日)において特別利益として計上する。12月期の業績予想については現在精査中で、修正が必要な場合は速やかに発表するとのこと。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「ダイキアクシス---特別利益(投資有価証券売却益)の計上を発表