ネクステージ<3186>は9日、2018年11月期第3四半期(17年12月-18年8月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比34.0%増の1,178.36億円、営業利益が同19.7%増の31.10億円、経常利益が同13.7%増の28.91億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同15.3%増の19.86億円となった。

収益改善に取り組むべく、車検・整備設備や買取事業への資本投入を行いサービス提供機会の獲得を行った。出店は、2018年6月にSUV在庫台数日本一を誇るSUVの大型専門店として「SUVLAND北九州」をオープンし、2018年7月に総合店として和歌山県に初出店となる「和歌山店」をオープンした。また、既存店に併設して買取専門店3店舗を出店するとともに、買取店の単独店舗として「西尾店」をオープンした。正規輸入車ディーラーは、2018年6月に初ブランドとなるアウディ正規販売店として、神奈川県でアウディ正規販売店を展開するディーラーであるウエインズインポート株式会社の全株式を取得、社名を株式会社Aiと変更し、アウディ正規販売店4店舗の運営をスタートした。

中古車販売事業は、関西地方1拠点(1店舗)及び九州沖縄地方1拠点(1店舗)、これらの併設店として買取専門店2店舗、東海北陸地方に単独店として買取専門店1拠点(1店舗)を出店した一方、関東甲信越地方及び九州沖縄地方の併設店(2店舗)を統合した。また、関東甲信越地方に併設店として買取専門店1店舗を出店したことにより、当第3四半期連結会計期間末の拠点数は52拠点(81店舗)となった。

新車販売事業は、関東甲信越地方4拠点(4店舗)を出店し、当第3四半期連結会計期間末の拠点数は12拠点(12店舗)となった。

2018年11月期通期の連結業績予想については、売上高は前期比13.5%増の1,350億円、営業利益は同9.4%増の38億円、経常利益は同12.0%増の37億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同10.5%増の25億円とする期初計画を据え置いている。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「ネクステージ---3Qは営業利益が19.7%増、収益改善に取り組み増収増益