■アイル<3854>の株主還元策

利益還元については、業界における競争力の維持強化のための内部留保、株主資本利益率の水準、経営などを総合的に勘案して成果の配分を行っていくことを基本方針とし、配当性向30%かつ安定配当を指標としている。

この基本方針に基づいて、2019年7月期の配当予想は年間12.00円(第2四半期末6.00円、期末6.00円)としている。予想配当性向は32.9%となる。また2019年7月期より中間配当を実施する。

なお2018年8月1日付株式2分割を考慮して、2017年7月期の年間18.00円を9.00円、2018年7月期の年間20.00円(市場変更記念配当2.00円含む)を10.00円に換算すると、2018年7月期は1.00円増配だった。そして2019年7月期は2.00円増配予想となる。


■情報セキュリティ対策

大規模なサイバー攻撃が懸念され、企業の情報セキュリティ対策への関心が高まるなか、同社は情報セキュリティ及び情報保護を経営の最重要課題の1つとして認識している。経営基盤・営業基盤強化に向けた取り組みの一環として、顧客企業の経営業務を支援するサービスの提供に当たり、情報システムの運用や機密情報の取り扱いに関する社内ルールを構築し、情報セキュリティ対策に努めている。

そして2016年9月に情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO27001」の認証を取得している。また社内に情報セキュリティに関する専門部署を設置し、社内ポータルサイトを活用した全社員への注意喚起、社内ファイアウォールの管理徹底なども推進している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)

<HN>

情報提供元:FISCO
記事名:「アイル Research Memo(9):配当性向30%かつ安定配当で2019年7月期は連続増配予想