ソフトバンクG<9984>は大幅続落。米シェアオフィス運営会社のウィーワークに対する新たな大規模出資について協議していると報じられている。投資総額は150-200億ドルとなる可能性があるとされており、財務への負担増を懸念する動きが先行と観測されている。10月に入ってからは上値の重さが目立っており、海外投資家によるリバランスの動きなど、需給面への警戒感も強まっているようだ。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「ソフトバンクG---大幅続落、大規模出資報道も伝わり財務への懸念が先行へ