■株主還元

ウイルプラスホールディングス<3538>は株主還元を経営の重要課題と位置付けており、企業価値向上に向けた内部留保とのバランスを取りながら、安定的かつ継続的な配当の実施を基本方針としている。配当性向については、おおむね15%前後を目安としている。

2018年6月期は13.2円(中間配5円、期末配8.2円)の配当を実施した。同社は2017年4月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を行った。これを調整すると2017年6月期の配当は12円配となり、1.2円の増配だったと言える。配当性向は15.0%となった。

2019年6月期については、前期比0.6円増配の13.8円(中間配5円、期末配8.8円)の配当予想を公表している。予想1株当たり当期純利益91.64円に基づく配当性向は15.1%となる。M&Aの進捗等によって業績が大きく変化した場合には、配当性向15%という目安に照らして配当も変わる可能性があるが、当面は進捗を見守りたい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)

<MH>

情報提供元:FISCO
記事名:「ウイルプラスH Research Memo(7):2019年6月期は前期比0.6円増配の13.8円の配当を予想