銘柄名<コード>13日終値⇒前日比

ベストワンドットコム<6577> 10720 -1040
今期見通しはやや保守的との見方も。

ゼニス羽田<5289> 287 ±0
太陽光型植物工場が完成、アグリ事業を本格稼働。

システム ディ<3804> 659 +53
第3四半期営業利益は前年同期比43.5%増

AMBITION<3300> 1296 +45
融資状況調査結果を発表。

ヘリオステクノH<6927> 1218 +198
引き続き新技術の開発を材料視する。

ミサワ<3169> 548 +80
第2四半期累計営業利益は通期計画を大幅超過。

TATERU<1435> 364 +27
自律反発狙いの買いが優勢に。

ジャパンミート<3539> 2260 +195
今期の増益見通しを受けて安心感も。

カチタス<8919> 3195 +110
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では新規に買い推奨。

ダブル・スコープ<6619> 930 +71
突っ込み警戒感からの買い戻しも。

千代田化工建設<6366> 836 +36
11日には米社と共同での大型受注が伝わる。

ポーラオルHD<4927> 3660 +140
底打ち感も強まりリバウンド狙いの動きにも。

小糸製作所<7276> 6790 +280
みずほ証券では買い推奨を継続へ。

オプティム<3694> 4620  ±0
農業ICT関連として押し目買いの動き。

東邦チタニウム<5727> 1172 +72
スポンジチタン価格交渉の値上げ決着など手掛かりにも。

シーズHD<4924> 3865 -245
大和証券では目標株価を引き下げ。

オルトプラス<3672> 527 -39
新株予約権の発行を引き続きネガティブ視。

スター・マイカ<3230> 1973 -193
12日にかけて大きくリバウンドも戻り売りに押される。

アルヒ<7198> 2389 -108
住宅ローンの需要減退懸念なども強まるか。

Hamee<3134> 1470 -50
第1四半期の営業減益決算を嫌気。

コメダHD<3543> 2199 -85
買い推奨などで12日にかけ上昇していたが。

TOKYO BASE<3415> 606 -56
もみ合い下放れで5日線も割り込み処分売り圧力。

鳥貴族<3193> 2157 -111
今期の収益成長率鈍化をマイナス視。

<DM>

情報提供元:FISCO
記事名:「前日に動いた銘柄 part1:ミサワ、ヘリオステクノH、ベストワンドットコムなど