■会社概要

1. 会社沿革
E・Jホールディングス<2153>は2007年6月に、建設コンサルタント事業を主業務としていた(株)エイトコンサルタントと日本技術開発(株)が共同株式移転によって設立した持株会社である。その後の動きとしては、2008年1月にエイトコンサルタントの計測機器レンタル事業を日本インフラマネジメント(株)に承継させ、2009年6月には日本技術開発の建設コンサルタント事業をエイトコンサルタントに承継している。承継の際に、エイトコンサルタントは社名をエイト日本技術開発に、日本技術開発は(株)EJビジネス・パートナーズに社名変更している(EJビジネス・パートナーズは2015年5月にエイト日本技術開発が吸収合併)。また、2010年6月には株式交換により、橋梁・構造物、都市ライフラインに特化した建設コンサルタント会社の(株)近代設計を子会社化している。

2018年7月に東京証券取引所第2部から第1部に市場変更した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

情報提供元:FISCO
記事名:「イージェイHD Research Memo(2):建設コンサルタント会社2社の経営統合により2007年に設立