しまむら<8227>は朝安後、下げ幅縮小。第2四半期累計営業利益が前年同期比4割減の140億円程度になったもようとの観測報道が伝わっている。上半期としては3期連続の減益となる。主力の婦人服の販売が落ち込んだほか、PBのヒット商品に恵まれず、猛暑など天候不順の影響も響いた。上半期の大幅な下振れに伴い、2ケタ増益見通しの通期予想も下振れは免れないとの見方から朝に急落。その後、この報道について、同社が「現時点では報道数値に近い数値を見込んでいるが、現在精査中であり、10月1日の決算発表時に開示する」とのコメントを発表し、下げ幅を縮めている。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「しまむら---朝安後下げ幅縮小、第2四半期4割営業減益との観測報道を嫌気