大東建<1878>は急落。複数で目標株価引き下げの動きが観測されている。SMBC日興証券では投資判断「2」を継続で目標株価を19100円から18000円に引き下げ、現在の受注状況からは、21.3期以降も増益を維持できるか不透明感が強いとしている。クレディ・スイス証券でも投資判断「ニュートラル」継続で目標株価を19000円から15000円に引き下げ。事業環境は悪く、悲観的な見方では受注回復は2022年あたりになるとしている。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「大東建---急落、事業環境悪化を背景に複数で目標株価引き下げの動き