荏原製<6361>は急伸。前日に上半期の決算を発表、営業利益は147億円で前年1-6月との比較で39%減となった(前期が変則9カ月だったため、会社参考値)。ただ、1-3月期の64%
減益に対して、4-6月期は同3.6倍と急回復しており、警戒感が払しょくされる形となっている。また、通期受注高は従来予想の5450億円から5550億円に上方修正、風水力事業を引き上げている。CMPの受注も好調であり、来期以降の業績に対しても安心感が強まる。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「荏原製---急伸、4-6月期に収益急回復で警戒感が後退