ディップ<2379>は大幅続伸。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は31.7億円で前年同期比22.6%増益、通期計画の116.3億円、前期比7.7%増益に対して順調なスタートになっている。増収率は想定線とみられるが、販管費比率が想定以上の大幅低下となっている。効率的なプロモーション実施によって広告宣伝費などが抑制できており、今後も同様の傾向が期待できるといった見方になっているもよう。
<US>

情報提供元:FISCO
記事名:「ディップ---大幅続伸、販管費抑制で第1四半期の収益率は高まる